0
    つれづれに

    パワーチャージ


    秋も深まって来ました。

    今日は料理上手の彼女の家へ。
    引っ越し後2度目。

    すっかり部屋も落ち着いて
    彼女色に染まっていました♪

    緊急火曜倶楽部?
    プチ火曜倶楽部・・・?



    冬瓜、いちじく、黒豆、玄米・・・

    旬の食材が、素材の味を引き出して
    食卓に並ぶ・・。

    美味しい!
    有難い!

    おしゃべりもエンドレスに
    名残惜しくも岐路につき

    さあ、忙しい今月を乗り切るぞ〜〜!!
    と、エネルギーも満たんにして頂きました。

    Nちゃん、おご馳走様!

    どうもありがとうね☆

    See you soon again(^_-)-☆

    0
      つれづれに

      古賀さん応援隊です

       
      話題の人、古賀茂明さんが昨日、経済産業省を退職された。

      志半ばで、やり残したことも多かった事だろう。

      古賀さんの事はずっと注目していて、密かにずっと応援してきた。

      生涯6億の収入も約束された官僚の人生
      もっと他の生き方もあっただろうに
      いちいち 『当たり前』 な事を主張し続け
      国の中枢にいられなくなってしまった。

      みんな口々に
      『もっともな事を言っている人が仕事を与えられない。
      そんな政権は本当におかしい』 と。

      その通り。

      誰が聞いても古賀さんの主張は私たち国民の声だ。

      その古賀さんが、『改革』 を言う民主党政権の中で
      『改革』 をさせてもらえないのだから、ちゃんちゃらおかしい。
      政権の体をなしていない証拠だ。

      その古賀さんが悩んだ末に、というより
      ころころ替わる経産省大臣の返事待ちで
      ずっと進退を保留して来た訳だが
      その結論をついに出した。

      経産省を退職

      それが古賀さんの出した答。

      これからは政界に出るのではなく
      いろんな人のご意見番として、改革のために仕事をされるという。

      ますます古賀さんらしい。

      今日のモーニングバードの電話出演で
      『それでも経産省の中にいてほしかったという声があるが』との問いに

      『仕事を与えられないと分った以上は
      税金で養ってもらう訳にいかない』

      古賀さんはそう言った。

      なんか泣きそうになった。

      古賀さんが注目を浴びるのは
      経産省の中にいて、改革派の官僚だから・・
      辞めて一般人になってしまったら、注目を浴びなくなるかもしれない

      一瞬でも、私もそう思ったからだ。

      だけど古賀さんは、働かないのに税金で給料をもらえないと言った。

      あ〜、浅はかだ、私。って思った。

      古賀さんはそこまでちゃんと考えて経産省を去ったのだ。


      長い物に巻かれて、敷かれたレースを歩いて
      癌を患ったという古賀さんにとって
      もっと楽な人生があったのかもしれない。

      でもきっと大きな病気をして、何が大切かを見た古賀さんは
      生涯賃金や、地位を失う事よりも
      自分の心に背く事の方が、もっと耐えられなかったのだろう。

      以前、ツイッターで
      癌の再発が怖いと言われていた事があった。

      古賀さんがご健康で
      これから一般人としてどんな活躍をされるのか
      私たちはそんな古賀さんを心から応援し、支えたい。

      そしてそんな古賀さんを支え続けてこられた
      奥様に心から敬意を表したい。

      古賀さん、私たち国民はこらから何が出来ますか?
      ご指導、ご指示願います。


      そして、真の改革を

      私たちに見せて下さい!!

      まずはとにかくご苦労さまでした。
      ご健康で!!




      0
        つれづれに

        秋の気配


        生産者市場で100円だった千日紅を買いました♪

        色を混ぜると可愛い!!




        随分、涼しくなったので

        生花の持ちも少しは違うかも。


        花があるだけで
        落ち着く〜(^O^)



        0
          つれづれに

          8月29日



          大好きだった敦子さんがあちらに行って3年。

          今日は命日です。






          美味しいコーヒーを淹れましょう。


          あっこちゃんのために・・。



          0
            つれづれに

            肩こった♪


            娘の枕がへたっていた。

            なので奮発して、メディカル枕を買ってあげた。

            白のカバーが付いてるけど、病院みたいなんでカバーを作った。

            薄いベージュとオフホワイトのボーダーなんで
            出来あがってみると、これまた殺風景だと思った。


            なので名前を刺しゅうしてみた♪



            紫色が効いてなんか可愛いと思った!

            これに、またタオルを掛けるから隠れてしまうけど

            ま、いいさ(^O^)と思った♪♪


            0
              つれづれに

              松田選手に思う事

               
              松田直樹選手が急逝し、昨日は葬儀が行われました。
              たくさんの人が涙し、その若すぎる突然の死を
              受け入れられない様子でした・・。

              でもこの突然の死を
              一番受け入れていないのは、松田選手本人でしょう・・。

              彼の中で寸分も、明日、心筋梗塞で亡くなるなんて
              予想だにしていなかったでしょうし。

              そう考えると本当に、いつ何があるか分からない。
              この一語に尽きるかもしれません。

              必死にサッカーを愛し
              葛藤の末に、どんな状況をも受け入れ
              次の目標を掲げ、全身全霊で走った松田選手だったからこそ
              人の心をここまで引きつけたのでしょう。

              『見栄』や『打算』ではなく
              『自分のため』だけではなく
              残りの人生をどう送るのか・・

              亡くなった人から学ぶ事は
              私たちの義務であり

              そこに気づきがあることで
              自分の心にストーンと納まって
              やがて生きる喜びにも変わっていく・・

              そんな気がしてなりません。

              松田直樹選手

              本当にお疲れ様でした。


              0
                つれづれに

                真実

                 
                東日本大震災から100日を優に越え
                被災地は寒い冬から最悪の暑い夏へ・・。

                ハエの大発生、食中毒、日持ちしない配給された食品
                そして冷房のない避難所

                何より、終わりの全く見えない原発の事故(人災)

                今のところ、九州は普段通りの生活が出来ていますが

                九州電力の動きなどによっては、様々な影響が出てくるのでしょうね。

                日本はかつて核の恐怖を体験し
                決して核をつくらない、持ち込ませないと決め
                定められた『非核三原則』

                その非核三原則がある国で
                放射能から非難している人々がいる、という矛盾。

                あるツイッターの拡散希望から
                この記事に辿り着きました。

                一人でも多くの人に見て頂くように
                リンクさせて頂きます。

                2011年6月24日 記事 『落日』


                0
                  つれづれに

                  三姉妹集合

                   
                  私は三姉妹の末っ子なんですが・・・
                  三姉妹で集合っていう日がたまにあります♪

                  真ん中の姉が福岡にいるので
                  長女と三女が福岡へ出向く日
                  二女がこちらへ来る日

                  それぞれです。

                  私たちが福岡へ出向くと
                  二女はホストな気分になるみたいで
                  私たちが買い物をしないと、気になるようです。

                  何かに出会って、買い物すると
                  わざわざ来てもらったから、何かゲットしてくれてよかった・・
                  と思うらしい。笑

                  そんな、かしまし三姉妹が、店に入ると店員さんは
                  一人一人をじ〜っと見た後、『御姉妹ですか?』と聞いて来たりします。

                  そして、試着したりすると、お店の人は(売らんかな)褒めるんだけど
                  それぞれ、とっても辛口です。

                  『似合わない』
                  『あまり使わない』
                  『すぐ飽きる』などなど。

                  ちょうど『Sex and the city 1』で
                  キャリーが新居に持って行く服をみんなで決める時に

                  『Toss』 捨てる
                  『Take』 持って行く

                  ・・・と残りの3人が辛口で決めたように(笑)!

                  それぞれの持ち味と
                  好み、体系、ワードローブを熟知した上での
                  有難いうんちく。

                  かくして、買い物の失敗がない、という結果に。

                  もう最近では、死ぬほど惚れ込まないと買わない!

                  物を増やしたくないから♪

                  そして三姉妹はお茶しながら
                  『お金があったら大変!少々気に入っても買ってしまう。』
                  『物が増えなくていいよね』

                  と、都合のいい解釈をして
                  解散するのでした。

                  顔を見て、集まる事に意義のある
                  三姉妹の集合なのでした(^O^)



                  0
                    つれづれに

                    うざうざひとりごと


                    久しぶりの更新です。
                    サボっていたのではないのですが、気持ちが安定しない日々を
                    過ごしていた気がします。
                    ま、そんな時もありますよね。

                    今日は買い物に行って
                    故意に買わないようにしているチョコレートを
                    ついつい買い物かごに入れてしまいました・・・。
                    ま、そんな時もありますよね。。

                    昨日は食事をしていたら口の中をざっくり
                    噛んでしまうし。
                    葉っぱの唇がさらに腫れてしまいました(笑)

                    葉っぱとは・・・
                    大昔のB.Fに『唇、葉っぱみたい』と言われた事がある、という経緯。
                    『ひざぼんじゃなくて肉ぼんだね』と言った人とは別です。

                    そんな説明はどうでもいいですね!!

                    そういえば、昨日、国道を運転していたら
                    『大きいサイズの専門店』が出来ていました。

                    2L,3L・・・・・・8L!

                    日本で大きいサイズのお店ってもうかるんだろうか!?
                    と心配になったけど、逆にそこまで太っても服があるのね
                    とも思ってしまいました。あはは・・・

                    昔はもっと『専門店』があったよな〜〜

                    うんちく多くロックに詳しいレコード屋のおやじとか
                    何時間も居れるような専門店。

                    出来るだけ大きいサイズの専門店に
                    お世話にならないように
                    自分を戒めなくては。
                    (大きいサイズの専門店さん、ごめんなさい)

                    ということでチョコレートの『思わず買い』は
                    止めます!

                    多分!きっと!?恐らく・・・。

                    0
                      つれづれに

                      『気』をUP!


                      数日の雨の後
                      外の植物が『わんさか』と伸びていますが・・

                      家の中のグリーンも『成長期』

                      『赤ちゃん』が誕生したと思いきや

                      すぐ立派な若葉に成長します。



                      日の光
                      風の通り道

                      部屋の『気』を良くするためにかかせないものたち。

                      我が家のグリーンちゃんたちと私の体調は
                      どうもリンクしているようです。

                      最近、軽度の日光アレルギーはあったけど
                      まあまあ体調もよく身体も楽。

                      それって食事にすごく時間をかけているからかも!?

                      これでもかっていうくらい『噛んで』ます!

                      すると本当にすぐお腹いっぱいになる!

                      こりゃいいぞ♪


                      あれ?グリーンの話ではなかったの?

                      水のやりすぎは根腐れして枯れてしまいますから

                      人も・・・
                      食べすぎは良くないということだあね。

                      植物
                      人間

                      相乗効果で、いい『気』を保とう!


                      0
                        つれづれに

                        大いなる心配


                        今でも体育館の堅い床の上で
                        生活している人がたくさんいるのに

                        状況は良くなるどころか

                        悪くなっている福島第一原発


                        私たちがこの夕方の時間に夕飯を作ったり
                        明日、普通にお客様が来てくれたり
                        休みにどこかへ出かけたり・・・

                        全ては安全と平和の上に成り立つ事。


                        実はとんでもない事が起きているのに

                        私たちは連日のニュースに『 慣れ 』て来ていませんか・・・!?

                        今日の状況悪化のニュース
                        とても心配しています。


                        0
                          つれづれに

                          母の日

                           
                          この世の

                          すべての 『お母さん』 へ


                          Happy Mother's Day to all the women


                          いつもご苦労さまです


                          (自分も含んでいいよね♪)


                          0
                            つれづれに

                            ロンリネス♪


                            唐突ですが・・・私とても『孤独』です
                            ・・・・・笑・・・・・

                            『孤独』と言っても、寂しいというのではなく
                            一人で過ごす事がとても多いという意味・・。

                            お仕事も、すごくゆっくりペースですし
                            ガールズ達がいて、ワイワイ・ガヤガヤしていたあの頃は
                            はるか昔のごとく・・・
                            もう、夫婦だけの生活になって早2年が経ちました。

                            最近よく感じるのは
                            人生とは『孤独である』ということです。

                            掃除も
                            買い物も
                            ウォーキングも
                            エクササイズも
                            映画も
                            当たり前だけど一人だし(笑)

                            H坊は働き盛り
                            ガールズ達はそれぞれ忙しい

                            彼らを上手にサポートしながらも
                            自分一人の時間をいかに過ごすのか
                            それが大きなテーマとなりつつあります。



                            あまりバタバタするのも苦手だけど
                            ぽか〜んと時間が空くのも苦手

                            一人の時間
                            これからその時間を使って何を成すのか
                            いろいろと思いを巡らせます。

                            仕事の充実
                            生涯学習
                            ボランティア
                            親の事・・・

                            どうしてもこれから立ちふさがるであろう壁は
                            その時に考えればいいし

                            無理やり、何かを必死で追うということでもなく

                            いろんな情報の中から
                            今の自分が夢中になれる事を探して行く・・。

                            大切な人達と過ごす時間。
                            そして一人の時間。

                            いい感じのバランスが
                            今は心地いい。

                            ずっと一人でも
                            誰かが帰って来ると分かっているから
                            一人を楽しめるのだろうし

                            もっと年を取って
                            さらに本当に『孤独』を感じる時が来るのかもしれないけど

                            人との絆やぬくもりを感じながら

                            上手に『孤独』と付き合っていきたいものです。


                            0
                              つれづれに

                              ラストメッセージ

                               
                              田中好子さんの言葉を聞いていると
                              おのずと乳がんで亡くなった友人を思い出します。

                              もうダメだと思う気持ちと
                              まだ生きたいという気持ち

                              スーちゃんのラストメッセージは
                              人の断末魔の叫びに聞こえ、たまりませんでした・・

                              結局、人は『 そこ 』に向かって歩いている
                              遅いか、早いか、ただそれだけ。

                              だからいつも思うのは
                              人生の中身はどうであれ
                              『 いい人生でした。ありがとう。 』
                              スーちゃんみたいに、そう言って終われる、それが目標です・・。

                              友人が亡くなったあと
                              部屋を片付け始めたら
                              部屋にかけてあったカレンダーの表紙に
                              『 みなさん、ありがとう 』と記されていました。

                              それが彼女のラストメッセージでした。

                              突然、亡くなる人もいるのだから
                              『 ありがとう 』と言って次の世界に行ける人は
                              すごく幸せなのかもしれません(^^)

                              よく『 悔いのない人生 』と言うけど・・それって
                              『 ありがとう 』と言って死ねる人生って事なんでしょう・・。

                              田中好子さんのメッセージ
                              心に刻みました☆

                              0
                                0
                                  つれづれに

                                  愛をこめて花束を!

                                   
                                  公私ともに大変お世話になっていた
                                  なおこちゃんの雑貨屋さんtintが4/17(日)をもってクローズしました。

                                  ご主人が転勤なので
                                  妻としては仕方ない!
                                  でも、やはりとても残念です!

                                  tintは、しっかりと1人歩きをしていて
                                  たくさんのお客様に支持され、愛されていました。

                                  唯一、アロマサロンのフライヤーを置かせて頂いているお店だったので
                                  tintを介してお知り合いになれた人がたくさん。

                                  なおこちゃんのお陰でたくさんの素敵な人と知り合えたな〜。
                                  (あなたも、あなたも、あなたもそうです!)



                                  ★出会いはこれだった! 雑貨フェスティバルin有田

                                  ★場所を移って新しい歩みを始めたね♪ 癒しの空間

                                  ★手習いにも参加したよね 〇才の手習い

                                  ★ワークショップなどのコラボもありました アロマがつなぐ『輪』

                                  ★気のきいた雑貨を探しに サロン用備品なり

                                  ★やっぱこれか! Girl's Night


                                  こうやって回想してみると、Attraitの歩みは
                                  tintと供にあった気がしてなりません。

                                  空間を作って、そこに人が来て
                                  その人にとって『そこ』がかけがえのない場所になっていく・・
                                  それってすごいことだと思う・・。

                                  tintって本当に・・
                                  いろんな人の 『かけがえのない空間』 だったよね!

                                  そんなtintは幕を閉じるけど
                                  心の中に、暖かい陽だまりのような『空間』を作ってくれた!

                                  なおこちゃんお疲れ様でした!


                                  付録:あの日の夜桜

                                  そして長女Sは言う。


                                  距離は関係ないよ〜〜(笑)!!

                                  0
                                    つれづれに

                                    素直な疑問。


                                    今回の大震災で、あまり触れられない気がするのですが
                                    (私が気がつかないだけかも)


                                    携帯電話って非常時に何故使えないの?


                                    という単純な疑問を持ってしまうのは私だけでしょうか?

                                    この手の悲痛な叫びは、災害後
                                    Twitterなどで溢れかえったみたいですね。


                                    出来ないから出来ていないんでしょう。
                                    なのでハード面で何故出来ないかを触れるのはやめます。

                                    でも・・

                                    津波に流されながら・・がれきの中で・・車の中から・・

                                    携帯を必死でかけようとした人っていたんだろうなあ。

                                    インフラって進めば進むほど
                                    それがダウンした時の影響が大きすぎますね。

                                    そこにあるのが当たり前となり、頼ってしまうのが常ですもの。


                                    いざ!という時に使えない携帯電話に意味があるのかなあ・・・

                                    (悶々・・・)

                                    0
                                      つれづれに

                                      火曜 or ギョーカイ?


                                      火曜倶楽部のメンバーが一人
                                      ダーリンの異動とともにお引っ越しする。

                                      お食事会もやったけど
                                      わずかな時間を見つけて集まるメンバー♪

                                      ちょくちょくこのメンバーで集まれなくなることに
                                      まだピンと来ないんですよ〜私。




                                      それぞれの生活の上に
                                      会う時間を見つけるのはとても大変なんだけど

                                      「会う」とか「集まる」という次元を超えて
                                      ずっと存続しそうな火曜倶楽部(^^)

                                      それぞれが持っている引き出しの中から
                                      いろんな情報が飛び交って
                                      それぞれの語り口が心地よい♪

                                      ど〜んと座って「大丈夫さ!」と言い合えば
                                      何なく越えられそうな気持ちにさせられる。

                                      この次は引っ越した「彼女」の元へ
                                      プチ旅行いたしましょう!


                                      今、TOTOの『AFRICA』 が流れてる

                                      何かこの曲聞いていると、力がみなぎってきたぞ!!

                                      0
                                        つれづれに

                                        Fukushima 50


                                        原発の事故現場で必死で復旧している50人あまりの人々を
                                        海外メディアはFukushima 50(フクシマ フィフティ)と呼んで
                                        危険を顧みず、必死で作業を続ける姿に賞賛したいと伝えているそうです。

                                        またノーベル平和賞に値するとの記事もあるとか・・。

                                        大変危険な現場で、使命感から必死で頑張る作業員の人に
                                        思いを熱くせずにはいられません!

                                        さきほど、ラジオで被災地の避難所全てを
                                        移転させるという計画があると言っていました。

                                        街自体の機能がないこと、長期にわたることから
                                        人々をごっそり安全かつ、物資が行きわたる場所に移動させる計画

                                        早く仮設住宅が出来て、ゆっくり休める環境が整うことを
                                        祈るばかりですね・・。

                                        今日、出先で長崎県立大学の学生さんが募金を募っていました。
                                        国のために何かしたいという思い、皆さん大きな声で募金の訴え。

                                        もちろん、募金してきました!
                                        そして頑張る大学生諸君に思わず「頑張って!」
                                        そう声が出てしまいました。

                                        Fukushima 50

                                        みなさんの活躍に私たちは救われています。

                                        あと少し、どうか頑張って下さいm(_ _)m

                                        0
                                          つれづれに

                                          想定とは。

                                           
                                          今回の事で何を感じるかと聞かれれば
                                          「想定」という言葉は、あってないようなものだという事。

                                          高さ10メートルの堤防も
                                          11メートルの波が来れば役に立たず

                                          安全だと言われていた原子力発電も
                                          数々の「想定外」が起きてます。

                                          震度5だとこのくらい、8だとこのくらいの被害
                                          想定してあるのだろうけど

                                          想定以上の事が起こると
                                          これまでのシュミレーションも想定も
                                          機能しなくなってしまいます。

                                          今私たちは「想定外」のスケールの惨事と
                                          立ち向かわなければならないという事実です。

                                          被害に合った方々を思えば
                                          あらゆる不便に文句を言うべからず。

                                          なぜなら
                                          発電所の人も、国も、自治体の人も
                                          「想定外」の事に対処しているのだから。

                                          事と当たっている人たちも
                                          不眠不休で必死で頑張っているのだから。

                                          キャスターは黒目の服を着て
                                          企業はほどんどコマーシャルを自粛

                                          あらゆる有名人が支援のコメントを出し
                                          みんな今「自分に出来る事」を探しています。

                                          情報をよく精査して
                                          今出来る事をやりましょう。

                                          アメリカの友人からお見舞いの電話がありました。
                                          娘の留学したホストファミリーから
                                          娘と家族は無事か?というメールが届きました。

                                          皆が思いを共有しています。


                                          国内外、全ての人の「知恵」を結集して下さい!

                                          この「想定外」の惨事を
                                          乗り越えるために!!


                                          0
                                            0
                                              つれづれに

                                              駐車場で一泊

                                               買い物をして、車を降りて
                                              ふと見ると駐車場に何かが・・・

                                              新聞に包んである、小さな細長い物・・

                                              恐る恐る拾ってみると・・・

                                              昨日、買っていたグリーンアスパラ。

                                              車から降りて、「花粉〜〜〜」っと慌てて家に入り
                                              落としたと思われます。

                                              何が悲しいって・・

                                              落とした事ではなく

                                              今の今まで、昨日グリーンアスパラを買った事を
                                              す〜っかり、ま〜ったく、みじんも
                                              思い出しもしなかったこと・・・

                                              無害なので



                                              今夜頂きます(笑)♪
                                              0
                                                0
                                                  つれづれに

                                                  プロフェッショナル

                                                   
                                                  今夜のNHKスペシャル
                                                  取り上げてあったのはB'z

                                                  曲を作るのは松本さん
                                                  詞を書くのは稲葉さん

                                                  40才を過ぎて
                                                  ストイックに体調を管理しながら
                                                  全てに念入りな二人

                                                  小さなこだわりと
                                                  費やされる時間が
                                                  凝縮されファンに届けられる!

                                                  プロとしての責任。
                                                  最高の物を生み出す責任。

                                                  そのプロセスを垣間見る事が出来て
                                                  思わず「生まれ変わったら音楽家になりたい!」
                                                  と思ってしまう!


                                                  今日、午後から実家に行った。

                                                  現在、リフォーム中。
                                                  大工さんにご挨拶。

                                                  古くてガタガタの家なのに
                                                  窓がなかった所に窓ができ・・

                                                  電動ノコで切られた床材が
                                                  寸分の狂いもなく
                                                  残りの隙間にピシッとはまる!

                                                  何もなかったところに
                                                  人を幸せにする「空間」が生まれて行く。
                                                  思わず「生まれ変わったら大工さんになりたい!」
                                                  と思ってしまう(笑)

                                                  全ては「完成」され
                                                  わたしたちに届けられる

                                                  でもそれまでのプロセスを見るのが大好き!!!

                                                  そして何の仕事にしても

                                                  プロの仕事は『美しい』!!!

                                                  0
                                                    つれづれに

                                                    マイ リトル ヒザ

                                                     
                                                    大昔のB.Fから
                                                    『君のひざは、ひざぼんじゃなくて肉ぼんだね』
                                                    と言われた事があります。

                                                    ???

                                                    解説しましょう(笑)

                                                    外人のようなきれいな『ひざ』&X脚に憧れるけれど
                                                    わたしの『ひざ』には肉が・・・

                                                    そんなセリフを吐かれるまで
                                                    自分のひざが普通だと思っていました。

                                                    でも確かに、人よりひざがフクフクしています!

                                                    しかもひざぼんを肉ぼんと彼氏に言われるとは・・・・

                                                    その時、悲しくなるよりも
                                                    『うまいこと言うなあ♪』と感心したわたし(笑)

                                                    その肉ぼんが・・

                                                    半年続けている『スロージョギング』のせいでしょうか??

                                                    この年になって、肉ぼんからひざぼん寄りになってきたのです!

                                                    走ったら(走るなんて大それたもんじゃありませんけど)
                                                    ひざの肉って取れるのですか???

                                                    ガンガン何キロも走ってるわけではないので
                                                    大きな変化は無いのですが・・

                                                    肉ぼん⇒ひざぼん化!?

                                                    理由はどうあれ、嬉しい♪

                                                    この肉ぼんは亡き父譲り。
                                                    男のくせに父は肉ぼんでしたもの。

                                                    そして長女は肉ぼん♪

                                                    『お母さんに似て肉ぼん(-_-;)』と言われると
                                                    『じいちゃんのせい♪』とわたし。

                                                    むかし、むかしの彼が言った『肉ぼん』

                                                    我が家では、普通名詞として
                                                    現在に至る!!

                                                    名言を残した彼は今、何処(いずこ)・・・・!?

                                                    0
                                                      つれづれに

                                                      温故知新

                                                       時間が空いたので姉とランチ

                                                      煮魚定食なり♪
                                                      (ご飯少なめにオーダー)

                                                      おなじみの顔が出迎えてくれて
                                                      ほっとする瞬間(^^)
                                                      (mayumiちゃんありがとう!)


                                                      お腹も満腹、大満足でリフォーム中の実家へ。
                                                      大工さんへのお茶菓子を何にするか
                                                      母がおろおろしています。

                                                      結局、好きなようにしかしない母に姉妹であきれ気味(笑)

                                                      大工さんの邪魔にならないように
                                                      そっと覗いてみる・・


                                                      古い家なんで
                                                      思いのほか、立派な梁(はり)

                                                      なかなか見る事が出来ないので記念にパチリ!

                                                      私が3歳の時、父の会社が倒産、母は働きに出ました。
                                                      それ以来、おばあちゃん子の私はこの下で育ちます。
                                                      (私にもちびっこ時代があったのです)

                                                      7人家族の3人が亡くなり
                                                      3人の娘もそれぞれ嫁ぎ
                                                      今は母だけが住む・・。

                                                      時代は廻り・・
                                                      こうしてまた歴史が少しずつ塗り替えられるのですね。

                                                      先人の苦労に思いをはせながら
                                                      古い家だったけど
                                                      苦労なく育ててもらったことに感謝♪

                                                      きれいに新しくなったら
                                                      またそこから新しい歴史が始まる!

                                                      次に行ったら、どこまで進んでいるのかな(^^)

                                                      今住む我が家もまた
                                                      刻々と歴史が刻まれています。

                                                      大切に住まなくてはね☆☆

                                                      0
                                                        つれづれに

                                                        君、諦めるなかれ

                                                        『もう何十社も受けました』

                                                        大学4年生がスーツを着て
                                                        カメラに向かって話す。

                                                        でも決して悲観的ではなく
                                                        しっかりと前を向いて。

                                                        全く知らない人だけど
                                                        頑張れ!とテレビに言う私(笑)

                                                        電車の中とかでもスーツを着た子を見ると
                                                        『就活?頑張れ!』
                                                        と心でつぶやく。

                                                        変??

                                                        大きな会社が根元から倒れる時代。

                                                        小さな町工場が世界一の部品を作ることも。

                                                        会社なんてどこでもいいんです。

                                                        小さければ自分が大きくしようと思えばいい。

                                                        何十社からNOを突き付けられようとも
                                                        自分は自分を嫌いにならないでね!

                                                        あなたの力を必要としている企業が必ずあるはず!

                                                        そして大学生のご父母の皆さん

                                                        せっかく大学出したのに!
                                                        その企業は大丈夫?
                                                        まだ決まらないの?

                                                        それはNG。
                                                        子供が一番頑張ってます。

                                                        人生なんて
                                                        どんなところからでも
                                                        また歩き出せる。

                                                        就職活動中の皆さん

                                                        心から

                                                        諦めるな!!

                                                        0
                                                          つれづれに

                                                          ただ感謝のみ!


                                                          2010年
                                                          健康で過ごせた
                                                          家族も皆元気に過ごせた

                                                          ガールズたちも随分大人になった

                                                          ニューヨークにも行けた

                                                          大好きな人たちともたくさん会えた

                                                          スロージョギングも5か月続いている

                                                          家の整理整頓も出来た

                                                          今年もたくさんの出会いがあった
                                                          素晴らしい人との出会いがあった

                                                          大好きなアロマテラピーの仕事が出来た
                                                          今年もお客様が来てくれた

                                                          優しい笑顔で
                                                          私の方を癒してくれた

                                                          これ以上の幸せがあるだろうか!


                                                          ☆☆☆


                                                          皆さん本当にありがとうございます!

                                                          皆さまにとって2011年が
                                                          素晴らしい年となりますように!!

                                                          I love you all.

                                                          0
                                                            つれづれに

                                                            Still Alive!?


                                                            うちにはテレビは1台しかありません。
                                                            でもパソコンは1人1台

                                                            しかもH坊は+ipad

                                                            長年愛用していたvaioの電源が入らない!

                                                            しかも年賀状の『筆まめ』はvaioの中

                                                            これまで何度もダメになりかけたけど
                                                            その度にH坊が頑張って生き返らせた!

                                                            またまた分解、あれやこれややってみる!




                                                            でも今回ばかりはどうにも復活の兆し、なし。

                                                            あ〜パソコンどうする?
                                                            買えないしね。

                                                            年賀状、こっちのパソコンでやるしかないね・・

                                                            数日の後、再び電源を入れてみると・・・

                                                            何事もなかったかのように見事、復活!

                                                            かくして、年賀状は例年のごとく作成されたのでした。

                                                            そののち、H坊は友人のパソコンのリカバリーも
                                                            数日かかってやっていた!

                                                            パソコン修理に出したらどんだけ〜〜な事を

                                                            助かるわ〜〜〜♪

                                                            もう少し頑張って働いてね

                                                            vaioくん(^^)
                                                            0
                                                              つれづれに

                                                              on christmas day

                                                               
                                                              街はせわしく・・人が行きかい
                                                              ケーキの箱を持って家路につく人、人。

                                                              クリスマスだからと言って
                                                              別に予定はない・・

                                                              けど、なんとなくこのシーズンの雰囲気にのまれて
                                                              クリスマスだし・・やっぱちょっと料理も!
                                                              そして・・飲むか!となる私。笑

                                                              遠き友よりMerry Christmasのメールがいくつも届き
                                                              みんな元気と知り、私も幸せ♪

                                                              クリスマスが終わると
                                                              日本人にとっては大切なお正月!

                                                              街は一転、正月モードに切り替わって行く

                                                              カウントダウンまでの数日
                                                              何します?

                                                              私は残りのお仕事をきっちりと終えて
                                                              感謝を込めてサロンを掃除

                                                              そしてまだ何も手を付けていない


                                                              『 年賀状 』

                                                              やっぱり今年も

                                                              ぎりぎり・・・・(^◇^;)