罰より治療

そう言うと、犯罪被害者に怒られそうですが。

 

たとえば

万引き常習

 

そして最近目にする

あおり運転

 

なぜ万引きを繰り返すのか

何度、刑務所に入っても繰り返してしまう

 

なぜあおり運転をするのか

危険と知りつつ、執拗に相手を追い込みたくなる

 

その心理・・・。

 

心理なのか?

 

いや、もしかして脳?

 

もちろん、複雑に絡まった糸があり

これが原因、と言うことは断言できないだろうけれど

 

その人の凶暴性や常習性を見るときに

深層心理はもちろんのこと

原因をつきとめ、治療できたなら・・。

 

もちろん、すでに行われているのだろうけれど。

 

私たち人間は

人に求められて喜びを感じ

感謝されて自分の存在を受け止め

居場所がある安心感に包まれる。

 

幸せや

充足感や

満たされた思いがあるときに

きっと犯罪や薬に手を出すことにならない。

 

スーパースターの薬漬けの日々や、突然の死や

 

「孤独」は本当に人を奈落に落としてしまう・・。

 

今を生きる自分も

狭い平均台の上を歩きながら

 

する方

される方

 

どちらにも転ぶ可能性がありますよね。

 

私たちの住む日本が

個人主義に変わり

隣の人も何をしてるか分からない

でも

SNSで人との関わりが簡単になった今

逆に「孤独」も大きな波のように襲って来ます。

 

そんな時代

様々な形の「寄り添い」はさらに必要とされるでしょう。

 

心の充足こそが

犯罪を減らす一歩だと感じる今日この頃です。

 

先日、刑務所から出た人たちを救済する活動を

している人の番組を見ました。

 

人を孤独にしない活動は

もっと支援されるべきなのでしょうね。