アロマテラピーアトレを営みながら綴る日々の事。
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< セフルケアレッスン♪ | main | セルフブランディング >>
塀のない刑務所

 

塀のない刑務所から脱走したとニュース

近隣の人は警戒、あたりは厳戒態勢のようだ。

 

塀のない刑務所

 

これほどまでに「試される」環境があるだろうか・・

 

普通に窓は開け放たれ

一般の人たちと作業する

 

だけど受刑者。

 

高い塀があるから

ある意味、「諦め」服役する。

 

だけど

一歩その境界線を出ると自由。

 

これほど受刑者にとって揺れる環境はないだろう。

 

今は我慢

信じてここで作業させてもらっているのだから。

もう少しここで頑張れば外へ出れる。

 

そう思いながら日々を過ごしていたはず。

 

その「信頼」を裏切り

外へ。

 

留まる勇気が切れた瞬間。

自由への誘惑が勝った瞬間。

 

捕まって戻される場所は

もう「塀のない刑務所」ではないのだろう。

 

人はあらゆる葛藤の中で生きている。

試されている。

 

なぜ、あの時、もう少し我慢できなかったんだろう

そんなシーンはたくさんあった。

いくばくかの後悔も、もちろんある。

 

塀のない刑務所に置かれた人たちは

信頼されている人たち。

 

信頼は信頼で返すしかない。

 

ニュースを見ながら

自分に向けられた信頼に

しっかり応えられているかな・・

 

そんな事を考えた。

夕飯の支度をしながら。

 

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://blog.ab-attrait.com/trackback/1620825
TRACKBACK