手術の話を引っ張ってすみません。
でも、私の病気や経験が
同じ境遇の方の参考や力になればという思いもあります。

私の病気は『水腎症』という病気でした。
何らかの原因で尿管が詰まってしまい
腎臓でつくられた尿が膀胱に流れないために
腎盂が大きく腫れてしまい、腎臓の機能が無くなってしまいました。

治療方針をさぐるべく、いろんなドクターに会いましたが
結局、腫脹した右の腎臓を摘出することになりました。

手術も終わり、これから私は左の腎臓とともに生きていくことになります。
これまで以上に、普通に尿が出るということに感動しています。
左の腎臓ががんばっているんだな、って妙に感動してしまうんです。
(単純なもんで・笑)

脇腹を真横に10センチほど切ってあるので
筋肉の走行を切断した形だからでしょうか
体を雑巾しぼりされたような・・
まだ筋肉自体が腫れていて
傷口周囲は麻痺していて、触っても感覚はありません。

これって元に戻るんかな!?
ふと不安になる今日この頃なんですけど
体にメス入れたんですもの。まだまだかかるはず。と言い聞かせています。

精油ボックスの中の精油を見ながら、取り出しては色々やってます。
筋肉の炎症を抑える作用のある精油でブレンドしたオイルを塗布するだけで
随分傷口周りの腫れと痛みが和らいできました。

傷口の創傷にラベンダーやティーツリー、カモミールなど
体全体の病後の回復に
お風呂にラベンダーやマージョラムなど

精油ボックスの中の精油たちが大活躍しています。
またいろんな経験が出来たなあとしみじみ。

この経験を生かして誰かの役に立てればいいなと思っています☆☆