今サロンで使っているマッサージベッドは2台目で、昨年春に購入したんですが
1台目は、アロマを勉強したてのころに、知り合いの業者さんで購入しました。
よくよく聞いてみると、3万くらいのベッドを7万位で買わされていたらしく・・・
まあ、高い授業料になりましたが、自分の無知が招いた結果ですし・・
そのベットを大切に使いましたよ(^^)
幸い、粗悪なものではなかったし、ケースに入れて車に積んで、必要とされるところにマッサージ行脚。懐かしい修行の日々です。(もちろん、今も、そしてこれからも永遠に修行の日々ですけど)

2台目を購入するにあたり、何かと下調べ。あまりに簡単にベッドを購入した前回を反省、ベッドに詳しいアロマ基材やさんの社長さんなどに色々アドバイスを頂きました。
施術のメニューによっては2時間以上、だまって横になっているわけですから
寝心地(クッション)のいいベッドを選ぶこと、体格のいい人が横になると両手がベッドからこぼれてしまうから、30インチくらい(幅76cm〜)のベッドがいいですよ・・などなど。

背中のトリートメントなど横に立って真上から施術しないといけないので、ベッドの幅が広いと、セラピストの姿勢に無理が来て腰に負担がかかります。
150センチ前半の人は30インチはきついかもしれませんが、私は168センチあるので、30インチに決め、とにかく寝心地重視で選びました。

EARTHLITE MASSAGE TABLE  『 Spirit』
EARTHLITE MASSAGE TABLE 『NEW SPIRIT』を購入


また、以前はフェイスホール(呼吸が出来るよう、ベッド本体に穴がある)が付いていたのですが、横になったときにどうしてもその穴の上がゴトゴトするので、ホールが無く、ヘッドレスト(ベッドに取りはずしできる、顔をホールドするクッションの付いた輪)のみ、付いたベッドにしました。
ヘッドレストを付けて、背の小さい方を施術する場合、セラピストが小さいとお客様の足の施術の場合、足元から届きにくくなりますが、私の場合は長身、というか胴長でカバー(初めて背が高いことに感謝したかも)出来ました。

ベッド選びの際、セラピストの身長は大きく影響しますね。
ベッドの幅、フェイスホール付きにするか、ヘッドレストにするか・・など

また、ベッド回り、特にタオルワークはサロンによって様々ですね。
何枚ものタオルを駆使して、お客様が楽なように工夫してあるところと
そうでないところ・・
昨年、お邪魔したサロンでバストマットを体感して、すぐ取り入れました!
胸の苦しさ、ヘッドレストに沈む頭の重さが軽減され、長い時間のうつぶせがとても楽になりました。何度も何度も自分のベッドに寝たり起きたりうつぶせになったり、仰向けになったり(笑)こうして今の環境に落ち着いたわけです☆

施術の際、上から圧がかかりますから、お客様を支えるベッドの良し悪しは
トリートメントの良し悪しに大きく影響しますよね。
いろんな視点から、自分に合ったベッドを選び、いろんなシュミレーションをして
お客様に最良の環境を提供したいものです。

あーでもない、こーでもないと試行錯誤する時間は本当に貴重ですね☆